スポンサーリンク

 

昨日は先週に引き続き、千葉県印西市にある北総花の丘公園へバードウォッチングに行ってきました。

 

いつもより早めに公園に到着すると、オシドリの群れが野鳥観察窓の目の前まで来ていました。

オシドリの群れ

野鳥観察窓の前に来ていたのはオスだけで、メスは相変わらず対岸の藪の中で休んでいました。

 

野鳥観察窓に入る前に姿を見られて飛ばれてしまいましたが、しばらく待っていると戻ってきてくれました。

オシドリ

オシドリを探すときはいつも対岸の藪の中を探していましたが、今回は野鳥観察窓がある側の水際を木々の間から確認すると多くのオシドリを見つけることができました。

ただ、やはり木々に隠れて見難いのと、距離が近すぎてオシドリを見つけてもすぐに飛ばれてしまったので、じっくり観察するのは困難でした。

 

そのまま池の南側に回ると、広場の近くをジョウビタキのオスが飛び回っていました。

ジョウビタキ

ジョウビタキの近くではツグミも見られました。

 

公園の南側を流れる神崎川の支流では先週に引き続きキセキレイが観察できました。

キセキレイ

前回見られたセグロセキレイは確認できず。

 

自然生態園へ行くと何かを咥えたルリビタキのオスが飛び出してきました。

ルリビタキ

 

ルリビタキはすぐに藪の中に引っ込んでしまいましたが、10分ほど木道の上で待っていると、また戻ってきてくれました。

ルリビタキ

この辺りが縄張りのようで、藪の中と木道近くの枝を行ったり来たりしていました。

 

同じ場所にアオジなどの他の野鳥も来るからか、ルリビタキは「カッカッ」と鳴きながら警戒していました。

アオジ

 

自然生態園内のとんぼ池では少し遠めですがカワセミも確認できました。

カワセミ

 

Dゾーンではシロハラとアカハラが見られました。

シロハラ

アカハラ

前回はすぐに逃げてしまったアカハラでしたが、今回は警戒心の薄い個体でじっくり観察させてくれました。

ツグミにシロハラ、アカハラとDゾーンの地面は大型ツグミ類でとても賑やかでした。

 

オシドリの数はまだまだ多く、もうしばらくは観察できそうです。ルリビタキも開けた場所を縄張りにしているようなので、自然生態園へ行けば比較的簡単に見つけられると思います。

 

今回確認した野鳥

アオジ
アカハラ
エナガ
オシドリ
カワウ
カワセミ
キセキレイ
コガモ
シメ
ジョウビタキ
シロハラ
ツグミ
トビ
ハクセキレイ
ホシハジロ
ムクドリ
モズ
ヤマガラ
ルリビタキ

スポンサーリンク