今日は山梨県にある嵯峨塩深沢林道から少し登った砥山林道へ行ってきました。

砥山林道

 

スポンサーリンク

 

先にオオマシコでもいないかと嵯峨塩に寄ってみましたが、見た人は何人もいれど、自分は見ることはできませんでした。

嵯峨塩で見られたのはイカルだけ。

イカル 嵯峨塩深沢林道 (2)

イカルは食事中のようで、くちばしがかなり汚れていました。

イカル 嵯峨塩深沢林道

 

オオマシコは見られませんでしたが、気を取り直して砥山林道へ。

 

林道の入り口に着くと、さっそくマヒワの大群がハンノキに群がっていました。

マヒワ 砥山林道

 

50羽以上のマヒワをほぼ目線の高さで観察することができたのは初めての経験でした。

マヒワ  砥山林道

 

林道に入るとコガラが近くまでやってきてくれました。

コガラ 砥山林道 (2)

寒さで膨れ上がっていい感じです。

 

いつもならギャーギャーとうるさいカケスも今日は静か。

カケス 砥山林道 (2)

 

このカケス、行きも帰りもほぼ同じ場所に陣取っていました。

カケス 砥山林道

 

林道沿いにはヤドリギもかなりの数がありました。

砥山林道 ヤドリギ

今回はいませんでしたが、タイミングが合えばレンジャクも見られそうです。

 

キレイなルリビタキのオスも出てきてくれました。

ルリビタキ 砥山林道

 

暗い場所を好むルリビタキですが、冬の山は葉もほとんどなく、見やすい場所に出てきてくれることが多いです。

ルリビタキ 砥山林道 (2)

近くにはルリビタキのメスもいましたが、オスと違ってメスは見やすい場所に出てきてくれませんでした。

 

砥山林道にはカヤクグリが非常に多く、藪の中でひっきりなしに鳴いていました。

カヤクグリ 砥山林道

ただし、藪の中から出てきてくれることはほとんどなく、やっと出てきてくれても写真の様に枝の多い場所に一瞬止まってくれただけでした。

 

今回確認した野鳥

イカル
カケス
カヤクグリ
コガラ
シジュウカラ
トビ
ヒヨドリ
マヒワ
ルリビタキ

スポンサーリンク