板倉町の野鳥 コチョウゲンボウ アメリカヒドリ 他

板倉町 いずみの公園

スポンサーリンク

 

2020年3月15日、群馬県の板倉町に冬鳥を観察しに行ってきました。

朝一で板倉町に着くと、霧が濃く視界が10mほどしかなかったのでしばらく時間をつぶした後、いずみの公園から探鳥を開始。

池の周りの木々ではオナガの群れが飛び回っていました。

オナガ

オナガ

 

池に隣接する草原ではヒバリの大合唱が聞こえる中をキジが闊歩していました。

キジ

キジ

 

オナガの群れの近くではカシラダカの群れも見られました。

カシラダカ

カシラダカ

 

池沿いの砂利場でケリがいるのに気が付かずに飛ばしてしまいましたが、少し離れた草原に降りてくれました。

ケリ

ケリ

 

ケリが飛び去った後の砂利場には2羽のヒバリが降りてきました。

ヒバリ

ヒバリ

 

調節池には多くのヒドリガモが飛来しており、その中にアメリカヒドリが2羽見られました。

アメリカヒドリとヒドリガモ

アメリカヒドリとヒドリガモ

 

駐車場脇の木に止まっていたのはシメ。

シメ

シメ

 

しばらく見ているとシメは地面に降りてきてカワラヒワと一緒に採餌を始めました。

カワラヒワとシメ

カワラヒワとシメ

 

9時を過ぎたくらいで霧が晴れてきたのでいずみの公園を後にして田園地帯で探鳥を開始。

 

電柱のてっぺんに止まるチョウゲンボウを発見。

チョウゲンボウ

チョウゲンボウ

 

かなり遠くの電線にはコチョウゲンボウのオスが止まっていました。

コチョウゲンボウ

コチョウゲンボウ

コチョウゲンボウとチョウゲンボウは最低でも各2羽以上見られました。

 

コチョウゲンボウやチョウゲンボウは何度か見ることができましたが、今日見られた個体はすべてコチョウゲンボウは電線に、チョウゲンボウは電柱に止まっていたので、遠くから肉眼でも識別することができました。今回だけかもしれませんが、面白い違いでした。

 

帰りがけに渡良瀬遊水地に寄ってチュウヒやハイイロチュウヒが飛んでいるのを観察しましたが写真に収めることはできませんでした。

スポンサーリンク

今回確認した野鳥

板倉町

アオサギ
アメリカヒドリ
オオバン
オナガ
カシラダカ
カルガモ
カワラヒワ
キジ
キンクロハジロ
ケリ
コガモ
コチョウゲンボウ
シメ
スズメ
チョウゲンボウ
ツグミ
トビ
ノスリ
ハシビロガモ
ハシボソガラス
ヒドリガモ
ヒバリ
マガモ
モズ

渡良瀬遊水地

ウグイス
コウノトリ
チュウヒ
ツグミ
トビ
ハイイロチュウヒ

コメント

タイトルとURLをコピーしました