キバシリ

キバシリは主に山地の林に留鳥として生息しています。

その名の通り走るように木の幹を下から上へ登りながら採食を行います。

幹の隙間に長いくちばしを突っ込んで採食を行うため、キツツキの様に採食の際に音は出ないので木を叩く音を頼りに探すことはできません。また、キバシリは木の幹と保護色になっており、肉眼で見つけるのはキバシリの白いお腹が見える横向きの時以外、難しくなります

そのため、葉が落ちて林の明るく見通しのよくなった冬に探すのがおすすめです。

キバシリは木の幹のかなり低い位置から高い位置まで一本の木の幹をぐるぐると回りながら登ることが多いので、最初にキバシリを見つけた時が高い位置だった場合、近くの木の根元に飛び移るのを待つといいでしょう。

スポンサーリンク

戦場ヶ原【栃木県】

栃木県日光市にある戦場ヶ原では湿原周囲の林にキバシリが留鳥として生息しています。

赤沼入り口から小田代原までの道を往復して探すのがいいでしょう。午前中は赤沼→小田代原、午後は小田代原→赤沼方向に歩くと太陽の位置がちょうど順光になってキバシリを探しやすくなります。

キバシリの観察は葉の落ちている冬が適していますが、戦場ヶ原は積雪が多くスノーシューを履かないと歩けないほどなので、雪の積もる前の11月下旬か雪が解けてまだ葉が出ていない4月あたりがおすすめです。

戦場ヶ原はキバシリと同じく木の幹でよく見られるアカゲラやオオアカゲラなどのキツツキ科の野鳥の生息地としても有名なので併せて探してみるといいでしょう。

また、戦場ヶ原にはキバシリと同じく木の幹を駆け回るゴジュウカラも数多く生息しているので見間違えないように注意しましょう。

スポンサーリンク

柳沢峠【山梨県】

山梨県甲州市にある柳沢峠では林道沿いの林にキバシリが留鳥として生息しています。

やはりキバシリが観察しやすいのは冬ですが、柳沢峠はコマドリコルリなどの夏鳥のが多く観察できる探鳥地なので多くの夏鳥が観察できる春から夏にかけて夏鳥と併せて探すのがおすすめです。

林道の各所にある小川の周辺が比較的木々の間隔があいているのでキバシリを探すのに適しています。

休日など林道が混んでいる場合は比較的人の少ない林道の反対側にあるブナのみちでキバシリを探すといいでしょう。

スポンサーリンク

戸隠森林植物園【長野県】

長野県長野市にある戸隠森林植物園にはキバシリが留鳥として生息しています。

園内には遊歩道が整備されているので、木道がある場所など歩きやすい場所を中心にキバシリを探して回るといいでしょう。

戸隠森林植物園は長野県内でも有数の探鳥地で、ノジコやムギマキ、マミチャジナイなど様々な種類の野鳥を観察することができるので、キバシリの他に観察したい野鳥が見られる時期に行くといいでしょう。

スポンサーリンク

管理人がキバシリを確認した場所一覧

戦場ヶ原【栃木県】

大沼公園【栃木県】

柳沢峠【山梨県】

嵯峨塩深沢林道【山梨県】

高鉢【静岡県】

春野山の村【静岡県】

秋葉公園【新潟県】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました