様々な野鳥情報を随時更新しています。

ホオアカ

ホオアカのおすすめ探鳥地

ホオアカを探す際のポイント

ホオアカは主に漂鳥として、夏は高原などの標高の高い場所、冬は田んぼや低地の草原、河川敷などに生息しています。名前の通り頬が赤いので観察の際は顔に注目してみましょう。

ホオアカはノビタキと並んで高原で見られる野鳥の代表種で、繁殖地の高原では多くのホオアカを観察することができます。草原から飛び出た枝や、背の高い草のてっぺんでさえずることが多いので、お気に入りのソングポストを見つけられればじっくりと観察することができます。

また、ホオアカは水浴びもよく行うため、高原の遊歩道などにできた水たまりを見つけたらしばらく待ってみるのもおすすめです。

冬は河川敷や田んぼ周辺で見られますが、ヨシ原などの草むらの中にいることが多く、さえずらないため見つけるの非常に難しくなります。冬はセッカやオオジュリンなどと生息地が被ることが多いので、それらの野鳥が多い場所でホオアカも併せて探すのがおすすめです。

スポンサーリンク

 

北富士演習場【山梨県】

山梨県富士吉田市と山中湖村にまたがる北富士演習場は春から夏にかけて多くのホオアカが見られる探鳥地です。

演習場内は草原のが広がっており、ホオアカは草原の広範囲に生息しています。草原の各所にはホオアカが好んで止まる細い枝や、電線があるのでそれらを中心に探すといいでしょう。また、雨上がりなどは砂利道に水たまりができていることが多く、ホオアカが水浴びにやってくる可能性があるので水たまりを見つけたらしばらく待ってみるといいでしょう。

北富士演習場は自衛隊の演習場のため、基本的には土日祝日しか入れないので、立入可能日は忍野村のホームページで必ずチェックしてから向かいましょう。

》北富士演習場の詳しい紹介記事はこちら

 

戦場ヶ原【栃木県】

栃木県日光市にある戦場ヶ原では、春から夏にかけてホオアカが繁殖にやって来ます。

戦場ヶ原は広大な湿原で、ホオアカは湿原のいたるところで観察できる可能性があります。

ホオアカを探すのは湿原の中を歩ける自然研究路の木道がおすすめです。木道を歩きながらノビタキなどの他の草原性の野鳥と併せてホオアカを探すといいでしょう。歩き疲れた時は木道の途中にあるベンチで座って休憩しつつホオアカを探すのもおすすめです。

休日や行楽シーズンで木道に人が多い場合は、比較的人の少ない国道120号線沿いの歩道からホオアカを探すといいでしょう。特に午前中は国道側が順光で湿原を見渡せるのでおすすめです。

》戦場ヶ原の詳しい紹介記事はこちら

 

朝霧高原【静岡県】

静岡県富士宮市にある朝霧高原には春から夏にかけてホオアカがやって来ます。

「道の駅 朝霧高原」を中心に国道139号線沿いを歩きながらホオアカを探してみるのがおすすめです。国道の東側は歩道も通っているので歩道から高原を見渡すといいでしょう。国道からは高原の広範囲を見渡せるので高倍率の双眼鏡があるとホオアカを見つけられる確率が上がります。

また朝霧高原には東海自然歩道という有名な探鳥コースがありますが、こちらは林の中を通ることが多いので、ホオアカなどの草原性の野鳥のみを目的として場合は避けた方がいいでしょう。

 

福島潟【新潟県】

新潟県新潟市にある福島潟には春から夏にかけてホオアカがやって来ます。

高原など標高の高い場所で繁殖することの多いホオアカですが、福島潟は田園地帯に囲まれた自然公園です。そのため、高原とは一味違った環境でホオアカを観察することができます。

自然公園として整備されているため、遊歩道や野鳥観察小屋などがあります。野鳥観察小屋である「雁晴れ舎」や水の駅ビュー福島潟では野鳥情報を発信しているのでホオアカを探す前にチェックしてみるといいでしょう。

ただし、真夏でも涼しい高原と違って福島潟は平地にあるため、真夏にホオアカを観察しに行く際は暑さ対策を万全にしてから行きましょう。

福島潟の詳しい紹介記事はこちら

 

管理人がホオアカを確認した場所一覧

多摩川河口付近【神奈川県】

稲敷【茨城県】

戦場ヶ原【栃木県】

北富士演習場【山梨県】

朝霧高原【静岡県】

富士山須山口登山歩道【静岡県】

福島潟【新潟県】

PAGETOP
Copyright © 野鳥情報.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.