様々な野鳥情報を随時更新しています。

コルリ

コルリのおすすめ探鳥地

コルリ 柳沢峠

コルリを探す際のポイント

コルリは主に夏鳥として標高の高い山の笹薮でよく観察されます。標高1000mを越えたあたりからよく観察されるため、

笹薮にいて見づらい場合は、近くに流れの遅い沢などの水場がないか探してみましょう。コルリの水飲み・水浴びポイントを見つけられれば、じっくりとコルリを観察することができます。

低いところにいるイメージの強いコルリですが、たまに木の上の方でさえずることもあるので注意しましょう。

また、コルリのさえずりは特徴的で、さえずりを頼りに探すのがおすすめですが、生息環境の似ているコマドリとはさえずりも似ているので、さえずりを頼りにコルリを探す際は混同しないように注意しましょう。

コルリの生息地では見た目のよく似たオオルリも生息していることがあるので識別には気を付けましょう。

関連記事:オオルリとコルリの違いと見分け方

スポンサーリンク

柳沢峠【山梨県】

柳沢峠 (2)

山梨県にある柳沢峠では峠脇の斉木林道でコルリを観察することができます。

柳沢峠ではコルリを観察できる確率が非常に高く、首都圏周辺ではコルリを観察する探鳥地として1、2を争います。

林道はコルリの好むクマザサが生い茂っており、時折コルリが林道に飛び出してきます。林道を登っていくと複数ある沢の近くで見られる確率が高いので、コルリを待つときは沢の近くをおすすめします。水飲みや水浴びにやってくれば、かなり近くで観察できるので根気よく待ってみるのもおすすめです。

柳沢峠ではコルリが営巣していることもあります。もし巣を見つけても近づきすぎて刺激をしないようにしましょう。

また、柳沢峠ではさえずりのよく似たコマドリも数が多いので混同しないように注意しましょう。

 

富士山須山口登山歩道【静岡県】

静岡県の富士山麓にある富士山須山口登山歩道はコルリの数多く飛来する探鳥地です。

登山歩道といっても途中までは傾斜は緩やかで軽装でも問題ありません。コルリを探す際は登山歩道入り口から弁当場の水場までの間が歩きやすくおすすめです。特に弁当場の水場付近はクマザサも多くコルリの好む環境がそろっているため、弁当場を中心にコルリを探すといいでしょう。

弁当場の水場は水くみにやってくる人も多いため、じっくりとコルリを探したい場合は早朝か、平日がおすすめです。

富士山吉田口登山道【山梨県】

富士山の山梨県側にある富士山吉田口登山道は上記の須山口登山歩道と同じく春から夏にかけてコルリが見られます。

コルリは大石茶屋付近でよく見られるので、重点的に探してみましょう。体力に自信のある方は中ノ茶屋と馬返を往復して探すとみられる確率が上がるでしょう。

須山口や吉田口登山道に限らず富士山周辺はコルリが多くやって来るので西臼塚や水ヶ塚公園なども合わせて探してみるとコルリを観察できる確率がかなり上がるでしょう。

 

八方ヶ原【栃木県】

八方ヶ原 (4)

栃木県の高原山にある八方ヶ原では、学校平~小間々~大間々付近でコルリを観察することができます。

コルリを探す際は学校平~小間々~大間々を結ぶ、大間々自然歩道がおすすめです。コルリは小間々と大間々の中間地点あたりの、遊歩道脇の少し谷の様になっている場所でよくさえずっています。小間々駐車場に車を止めて遊歩道に入っていくといいでしょう。

八方ヶ原ではクマの目撃情報もあるので、自然歩道に入る際はクマ除けの鈴などを携帯し、十分注意して探鳥しましょう。

 

管理人がコルリを確認した場所一覧

柳沢峠【山梨県】

西臼塚【静岡県】

水ヶ塚公園【静岡県】

富士山須山口登山歩道【静岡県】

八方ヶ原【栃木県】

 

PAGETOP
Copyright © 野鳥情報.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.