カンムリカイツブリ

カンムリカイツブリは主に冬鳥として、海岸沿いや湖沼にやってきます。「カンムリ」と名の付く通り冠羽とオレンジ色の飾り羽が特徴の野鳥です

派手な頭は夏羽のため、冬は少し地味な冬羽になります。

カンムリカイツブリ 涸沼の野鳥

カンムリカイツブリ【冬羽】

「カイツブリ」と名がついていますが、普通のカイツブリよりもかなり大きく、カルガモと同じくらいの大きさです。

カンムリカイツブリの生息地には他のカモなどの水鳥も多く、その群れの中に紛れていると見つけるのが少し難しくなります。

カンムリカイツブリはカモに比べて首が細長く、前の白い部分が目立つのですらっとしたスリムな印象の鳥を探すといいでしょう。

 

スポンサーリンク

葛西臨海公園【東京都】

葛西臨海公園 西なぎさ 干潟

東京都江戸川区にある葛西臨海公園には冬になると100羽を超えるカンムリカイツブリがやってきます。

カンムリカイツブリを観察する際は西なぎさから海上を見るのがおすすめです。カンムリカイツブリの群れは海上を広範囲に散らばっているので観察の際はフィールドスコープなどがあると便利です。

西なぎさは開園時間が9時から17時(季節により延長あり)と決まっており、朝早くには行けないので注意が必要です。早朝などに行く場合は、西なぎさと公園の間の水路を中心に探すといいでしょう。

 

スポンサーリンク

手賀沼【千葉県】

手賀沼 (2)

千葉県にある手賀沼には冬になるとカンムリカイツブリがやってきます。

手賀沼に多く生えているアシ原はカンムリカイツブリが隠れる場所にもなっているので、北側の手賀沼遊歩道あたりのアシ原近くではかなり近くまでやってきてくれることがあるのでおすすめです。

帰るのが遅い個体は春先まで残ることもあり、カモたちが帰った後の水鳥の少ない水面では大きなカンムリカイツブリは目立つので見つけやすくなります。

また、2016年には夏の間も残っていたカンムリカイツブリもおり、今後手賀沼で夏を越すカンムリカイツブリが増えるかもしれません。

 

スポンサーリンク

多摩川河口付近【神奈川県】

多摩川河口付近

神奈川県側の多摩川の河口では、冬に川沿いの歩道からカンムリカイツブリを観察することができます。

歩道は堤防の上にあるため視界がよく開けており、昼間には順光になるのでカンムリカイツブリを見つけやすいおすすめの場所です。

ただし、干潮時は広大な干潟が出現するため、干潟に上がってこないカンムリカイツブリは遠くなってしまいます。そのため、カンムリカイツブリを目的に行く場合は満潮時を狙っていきましょう。

 

スポンサーリンク

鳥屋野潟【新潟県】

鳥屋野潟 (8)

新潟県新潟市にある鳥屋野潟では少数のカンムリカイツブリが繁殖しており、一年を通してカンムリカイツブリを観察することができます。

冬にはハクチョウを初めとした多くの水鳥で賑わう鳥屋野潟ですが、夏なると水面に水鳥の姿はほとんど見られないため、カンムリカイツブリを見つけるのは比較的簡単です。

夏にカンムリカイツブリが観察できる探鳥地は全国的にもあまり多くないので、繁殖中のカンムリカイツブリを観察したいバードウォッチャーにとっては鳥屋野潟はとてもおすすめの場所です。

 

スポンサーリンク

管理人がカンムリカイツブリを観察した探鳥地一覧

葛西臨海公園【東京都】

城南島海浜公園【東京都】

つばさ公園【東京都】

多摩川河口付近【神奈川県】

ふなばし三番海浜公園【千葉県】

手賀沼【千葉県】

北印旛沼【千葉県】

涸沼【茨城県

鳥屋野潟【新潟県】

福島潟【新潟県】

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました