様々な野鳥情報を随時更新しています。

アオアシシギ

アオアシシギのおすすめ探鳥地

アオアシシギを探す際のポイント

アオアシシギは主に旅鳥として春や秋の渡りの時期に干潟や水田などで観察されます。

その名の通り、足が青みがかっているのが特徴の一つですが、足の色は個体差が激しく光の加減でもオリーブ色や黄色に見えたりと大きく変わるので足の色だけで識別するのは避けた方がいいでしょう。

生息地が被ることが多いキアシシギやタカブシギなどよりも一回り大きいので、シギの混群を見つけたら大きめのシギを中心にチェックしていきましょう。

干潟で見る機会が多く、大きな体も相まって視界の開けた干潟ではとても見つけやすいシギなので、シギ類の渡りの中継地となっている干潟で探すのが最もおすすめです。また、満潮時には岸の岩場などでも見られるのであえて満潮の時間を狙って探しに行くのもいいでしょう。

一部ですが越冬する個体もいるので、越冬地となっている場所では観察できる可能性が非常に高いのでそれらの場所を重点的に探すのもおすすめです。

スポンサーリンク

 

葛西臨海公園【東京都】

東京都江戸川区にある葛西臨海公園では、ほぼ1年を通してアオアシシギを観察することができます。

数が多いのはやはり秋と春の渡りの時期ですが、毎年少数が越冬するため冬もアオアシシギを観察することができます。

アオアシシギは鳥類園内の下の池にできる干潟で見られることが多いので下の池の各所にある野鳥観察窓から干潟を探すといいでしょう。下の池で見られない場合は西なぎさや周辺の水路にできる干潟を探してみるのもおすすめです。

葛西臨海公園では鳥類園のスタッフの方がブログで野鳥情報を発信しているので必ずチェックしてから向かいましょう。

葛西臨海公園の詳しい紹介記事はこちら

多摩川六郷橋緑地【東京都】

東京都大田区にある多摩川六郷橋緑地では主に春と秋の渡りの時期に多摩川にできる干潟でアオアシシギを観察することができます。緑地内には干潟を観察できるポイントがいくつかありますが、テトラポッドが並んだ場所の前にできる干潟が広範囲に見渡せ、足場もしっかりとしているためおすすめです。

テトラポッド前に人が多く観察しにくい場合は、少し足を延ばして六郷水門近くの干潟をチェックしてみるといいでしょう。こちらは干潟が広く野鳥との距離が遠くなりがちですが、テトラポッド前よりも人が少なくゆっくりと観察することができます。

ただし干潟はすべて南側に出現するため日中は逆光になってしまうので、早朝か夕方に干潟ができる時間帯に探しに行くといいでしょう。

多摩川六郷橋緑地の詳しい紹介記事はこちら

稲敷【茨城県】

茨城県の稲敷市には浮島地区を始めとして市内に広大な田園地帯がいくつも点在しており、主に春と秋の渡りの時期にアオアシシギを観察することができます。

探す範囲はかなり広くなりますが、ハス田や田んぼの休耕田を中心に探すといいでしょう。その際は農道に車で入ったりはせずに農家の方の迷惑にならないように十分注意して探しましょう。

稲敷は関東でも有数のシギチドリの観察ポイントなので、アオアシシギの他にも多くのシギチドリを観察することができるので必ず併せて探してみましょう。

稲敷の詳しい紹介記事はこちら

沖縄本島【沖縄県】

沖縄県の沖縄本島では島内各地の干潟や田んぼでアオアシシギを観察することができます。主に見られるのは春と秋の渡りの時期ですが、越冬する個体もいるためほぼ一年を通してアオアシシギを見ることができます。

沖縄本島はアオアシシギの重要な渡りの中継地であり、アオアシシギにしては珍しい大きな群れで見られる場合もあります。

那覇市の近くではアオアシシギを探す場合は具志干潟や漫湖、内陸部で探す場合は金武の田イモ畑などがおすすめです。

具志干潟の詳しい紹介記事はこちら

漫湖の詳しい紹介記事はこちら

金武の田イモ畑の詳しい紹介記事はこちら

管理人がアオアシシギを確認した場所一覧

多摩川六郷橋緑地【東京都】

東京港野鳥公園【東京都】

葛西臨海公園【東京都】

稲敷【茨城県】

漫湖【沖縄県】

具志干潟【沖縄県】

米須海岸【沖縄県】

金武の田イモ畑【沖縄県】

PAGETOP
Copyright © 野鳥情報.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.