様々な野鳥情報を随時更新しています。

ジョウビタキ

ジョウビタキのおすすめ探鳥地

ジョウビタキを探す際のポイント

ジョウビタキは主に冬鳥として、平地から山地の林や河川敷、市街地の公園など様々な場所で見ることができます。生息範囲がとても広い野鳥なので、特にジョウビタキを目的として探していなくても目にすることの多い野鳥です。

「ヒッヒッヒ」や「カッカッカ」といった特徴的な鳴き方をするので鳴き声を頼りに探すのもいいでしょう。ただし、冬にジョウビタキと生息地が被ることの多いルリビタキの鳴き声と非常によく似ているため、聞き間違えないように注意しましょう。

また、枝先や電線、杭の上などの目立つ場所に止まることが多いので、ジョウビタキの鳴き声が聞こえたら、ジョウビタキが止まりそうな場所の近くで待ってみるのもいいでしょう。

冬はオスとメスがそれぞれ縄張りを持つため、ほとんどの場合単独での観察になります。縄張りを持つ分、一度見つけてしまえば観察は容易です。警戒心も薄い個体が多いため、離れて待っているとジョウビタキの方から目の前まで近づいて来てくれることもあります。

ジョウビタキは縄張り争いや警戒している時にお辞儀をしているように見える独特の行動をするので、鳴きながらお辞儀をしているジョウビタキを見つけたら周囲に別のジョウビタキや野鳥がいないか探してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

葛西臨海公園【東京都】

東京都江戸川区にある葛西臨海公園では、冬に園内の各所でジョウビタキを見ることができます。

園内の東側にある鳥類園がジョウビタキの他にも多くの野鳥が見られる場所なので、鳥類園を中心に探してみるといいでしょう。時間がある場合は公園の西側にある芦ヶ池周辺も探してみましょう。芦ヶ池周辺は鳥類園に比べて人が少ないことが多く、ゆっくりとジョウビタキを探すことができます。

葛西臨海公園では鳥類園のスタッフの方がブログで野鳥情報を発信していくれているので、事前にジョウビタキの渡来状況をチェックしてから向かうといいでしょう。

》葛西臨海公園の詳しい紹介記事はこちら

東京港野鳥公園【東京都】

東京都大田区にある東京港野鳥公園では冬に園内の各所でジョウビタキを見ることができます。

ジョウビタキが観察できる時期は、気温が低いことが多いので暖房の効いたネイチャーセンターの中から常設のフィールドスコープを使ってネイチャーセンター前左手の藪を中心に探すといいでしょう。

東京港野鳥公園では葛西臨海公園と同じくホームページで野鳥情報を発信しているので、ジョウビタキの渡来状況は必ずチェックしてから向かいましょう。

ジョウビタキがどうしても見つからない場合は、常駐している日本野鳥の会のレンジャーの方にジョウビタキのお気に入りの止まり木などを聞いてみるといいでしょう。

》東京港野鳥公園の詳しい紹介記事はこちら

北総花の丘公園【千葉県】

千葉県印西市にある北総花の丘公園では冬に園内の各所でジョウビタキを見ることができます。

北総花の丘公園はとても広い公園なので、長時間歩いて探すのが難しい場合は自然生態園にある東屋で休憩しつつジョウビタキが来るのを待つのもいいでしょう。東屋の前にあるトンボ池はカワセミがよく見られる場所なのでジョウビタキと併せて探してみるのがおすすめです。

戸神川防災調節池の南側の草はら広場周辺もジョウビタキを探すのにおすすめのポイントです。草はら広場からは、戸神川防災調節池を広く見渡せ、ジョウビタキと併せてカモ類も観察することができます。

》北総花の丘公園の詳しい紹介記事はこちら

渡良瀬遊水地【栃木県他】

栃木県他3県にまたがる渡良瀬遊水地では冬に遊水地内の各所でジョウビタキを見ることができます。

ジョウビタキは遊水地内を通る道路や歩道沿いのヨシや低木に止まっている姿がよく見られます。ジョウビタキを探す際はレンタサイクルで谷中湖周囲や第一調節池を中心に探すといいでしょう。

車で行く場合はウォッチングタワーそばの駐車場に車を止めて、谷中村史跡保全ゾーンやヨシ原浄化施設の周囲を探すのがおすすめです。

また、渡良瀬遊水地ではベニマシコと生息域が被ることが多いので、併せて探してみるといいでしょう。

》渡良瀬遊水地の詳しい紹介記事はこちら

PAGETOP
Copyright © 野鳥情報.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.