北総花の丘公園

北総花の丘公園で期待できる主な野鳥

留鳥 オオタカ カワセミ ゴイサギ

夏鳥 オオヨシキリ サシバ

冬鳥 オシドリ ビンズイ ルリビタキ

千葉県印西市にある北総花の丘公園は北総線の千葉ニュータウン中央駅から徒歩5分とアクセスがいい探鳥地です。

公園の南側には谷津田も隣接しており、一年を通して多くの野鳥を観察することができます。

とても広い公園で、A~Eと5のゾーンに分かれています。駅から一番遠いEゾーンへは駅からEゾーンの近くまで行くバスが出ているので歩くのがつらい場合は利用するといいでしょう。

 

スポンサーリンク

戸神川防災調節池

戸神川防災調節池

園内のほぼ中心、Cゾーンには戸神川防災調節池という大きな池があります。

戸神川防災調節池は北側のニュータウン大橋の上、西側の野鳥観察窓、南側の草はら広場の三か所から野鳥を観察することができますが、一番のおすすめは西側にある野鳥観察窓です。

野鳥観察窓 北総花の丘公園

野鳥観察窓

上記の三か所の中で一番水面に近く、運が良ければ観察窓の前にやってきた野鳥を間近で観察することができます。

 

野鳥観察窓から見れる野鳥中でも特筆すべきは群れで越冬にやってくるオシドリです。

オシドリは対岸の池沿いの枝の上で休んでいることが多いので、フィールドスコープや高倍率の双眼鏡などがあると便利です。

北総花の丘公園 オシドリ

対岸の枝の上で休むオシドリ

もちろん観察窓の側の池沿いの枝でも休んでいることがありますが、距離が近すぎて近づくとすぐに逃げてしまうことが多いのでオシドリを見つけた場合は少し遠目から観察するといいでしょう。

水面に出てきてくれるかは運次第ですが、群れで観察窓の前に来てくれた場合はそのきれいな姿をじっくり観察することができるでしょう。

 

また、観察窓から見える対岸の木々はサギたちの繁殖場所になっており、初夏にはアオサギやダイサギ、ゴイサギなどの子育てが観察できます。

アオサギ 北総花の丘公園

子育て中のアオサギ

 

夏には巣立ったサギたちの幼鳥を数多く見ることができるでしょう。

ゴイサギ 北総花の丘公園

ゴイサギの幼鳥たち

 

スポンサーリンク

自然生態園

自然生態園 北総花の丘公園

Eゾーンには自然生態園があり、園内のとんぼ池ではカワセミがよく観察されます。

カワセミを探す際は池のそばにある東屋から水面から伸びる枝や杭を中心に探すといいでしょう。

 

自然生態園では冬にルリビタキが見られることもあるので、木道から木道の外側の藪を探してみるのもおすすめです。

ルリビタキ 北総花の丘公園

自然生態園のルリビタキ

 

スポンサーリンク

谷津田

田んぼ 北総花の丘公園

公園の南側には谷津田が広がっています。

夏にはオオヨシキリのさえずりが響き渡り、運が良ければ田んぼ沿いの木々にとまるサシバも見ることができます。

サシバ 北総花の丘公園

谷津田で見られるサシバ

 

冬にはオオジュリンやビンズイなどが見られます。

ビンズイ 北総花の丘公園

田んぼの電線に止まるビンズイ

田んぼにはシギチドリが隠れていることもあるので、じっくりと探してみましょう。

スポンサーリンク

管理人が確認した野鳥

アオサギ
アオジ
アカハラ
ウグイス
エナガ
オオタカ
オオバン
オオヨシキリ
オシドリ
カイツブリ
カルガモ
カワウ
カワセミ
カワラヒワ
キジ
キジバト
キセキレイ
ゴイサギ
コガモ
サシバ
シジュウカラ
シメ
ジョウビタキ
シロハラ
スズメ
セグロセキレイ
セッカ
ダイサギ
タヒバリ
チュウサギ
ツグミ
トビ
ハクセキレイ
バン
ヒバリ
ヒヨドリ
ビンズイ
ホオジロ
ホシハジロ
マガモ
ムクドリ
メジロ
モズ
ヤマガラ
ルリビタキ

おすすめの時期

通年

北総花の丘公園のブログ記事

2017年10月15日

2017年5月20日

2017年4月22日

2017月2月25日

2017年2月18日

2017年2月4日

2016年11月12日

周辺の宿泊施設

楽天トラベルで北総花の丘公園周辺のホテルを探す

じゃらんnetで北総花の丘公園周辺のホテルを探す

エクスペディアで北総花の丘公園周辺のホテルを探す

所在地・アクセス

住所:千葉県印西市原山

最寄駅:北総線「千葉ニュータウン中央」駅

最寄の高速出口:東関東自動車道「千葉北IC」より約30分、

駐車場:あり(有料)8:30~17:30(夏季は延長あり)

トイレ:あり

スポンサーリンク
スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました