ゴイサギの生息地と探す際のポイント

 

ゴイサギは主に留鳥や漂鳥として河川敷や湖沼の周囲などの水辺に生息しています。

他のサギ科と同じく池や田んぼなどでよく見られますが、昼間は木にとまって休んでいることが多いため、コサギやダイサギなどに比べると観察頻度は低くなります。ゴイサギを探す際は、水辺だけでなく水辺の周囲の木々も合わせて探しましょう。

繁殖期にはコサギやダイサギなどとコロニーを形成することがあるので、サギたちのコロニーを見つけたらゴイサギが混じっていないか探してみましょう。

また、ゴイサギの幼鳥はホシゴイと呼ばれ、成長とは模様が全く違うので注意しましょう。

ホシゴイ

また、生息地が被ることがあるササゴイとは姿形が非常に似ているので識別には注意しましょう。

関連記事:ササゴイとゴイサギの違いと見分け方

スポンサーリンク

葛西臨海公園【東京都】

葛西臨海公園では下の池などでゴイサギを観察することができます。

下の池は東京湾とつながっており干潮時には干潟が出現し、ゴイサギの狩りが見やすくなるため、ゴイサギを探す際は東京湾の潮位もチェックしておきましょう。野鳥観察小屋で待っていればゴイサギの他にもコチドリなどのシギチドリやカワセミなど、他の野鳥も観察できる可能性があります。

葛西臨海公園では春から夏にかけては幼鳥のホシゴイも観察できるため、ゴイサギを探しに行く場合は春から夏がいいでしょう。特に春は渡りのシギチドリもみられるためおすすめです。

 

スポンサーリンク

不忍池【東京都】

東京都の上野動物園に隣接する不忍池はヨシの周辺などでゴイサギが見られます。

ゴイサギの観察は視界が開ける冬がおすすめです。ゴイサギはヨシが密集している場所で群れを形成して休んでいることがあるので、弁天堂付近のヨシの中を探してみるといいでしょう。

不忍池はカモ類が多くみられる探鳥地としても有名な場所なので、ゴイサギを探すついでにカモ類の観察をするのもおすすめです。

 

スポンサーリンク

浮間公園【東京都】

東京都北区と板橋区にまたがる浮間公園では園内にある浮間ヶ池や小鳥の森にゴイサギが留鳥として生息しています。

ゴイサギは池に浮かぶブイや、杭に止まっていることが多いのでそれらを中心に探すといいでしょう。

初夏にはホシゴイも多く見られるので、親鳥との違いを観察してみるのいいでしょう。

また浮間公園はゴイサギに非常によく似たササゴイの生息地としても有名な場所です。春から夏にかけては、ゴイサギとササゴイが同時に観察できることが多いので、2種の識別の練習にはもってこいの場所になります。

スポンサーリンク

北総花の丘公園【千葉県】

北総花の丘公園では園内にある戸神川防災調整池の周囲にある木々にゴイサギがコサギやダイサギと一緒にコロニーを形成します。コロニーは、池に設置してある野鳥観察窓から見ることができるので、双眼鏡やフィールドスコープを持っていくといいでしょう。

6月あたりにはゴイサギとホシゴイの群れを見ることができます。調整池は北側の水深が浅くなっているので北側に架かる橋の上からエサを探しているゴイサギの群れを探してみましょう。

 

スポンサーリンク

清水公園【千葉県】

千葉県野田市にある清水公園では公園の西側に隣接する調整池にゴイサギが留鳥として生息しています。

調整池は歩いて一周することができるので、水際や水面に飛び出した木々にゴイサギが止まっていないかチェックしていくといいでしょう。

夏には池沿いの木々などでゴイサギとホシゴイの群れを見ることができるでしょう。

 

スポンサーリンク

管理人がゴイサギを確認した場所一覧

葛西臨海公園【東京都】

不忍池【東京都】

浜離宮恩賜庭園【東京都】

浮間公園【東京都】

等々力緑地【神奈川県】

北総花の丘公園【千葉県】

瓢湖【新潟県】

鳥屋野潟【新潟県】

福島潟【新潟県】

金城ダム【沖縄県】

三角池【沖縄県】

具志干潟【沖縄県】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました