様々な野鳥情報を随時更新しています。

谷津干潟

谷津干潟

谷津干潟 (3)

千葉県習志野市にある谷津干潟はラムサール条約にも登録された、シギチドリが数多くやって来る探鳥地です。春と秋の渡りの時期には、干潟にやって来るシギチドリを間近で観察することができます。

谷津干潟は周りを高速道路や住宅街に囲まれていますが、東京湾とつながっているため、潮の満ち引きの影響をうけます。しかし、東京湾とは少し離れているため東京湾の潮の満ち引きよりも1時間半ほど遅れているので注意が必要です。

スポンサーリンク

干潟

干潟の周囲には歩道が整備されており、歩いて1周することができます。太陽の位置や干潟の出現状況に合わせて場所を変えながら野鳥を探してみましょう。

一見干潟がなく、シギチドリがいないように見えても、水深の浅い場所ではセイタカシギやオオソリハシシギなどのシギチドリの中でも比較的大きめの野鳥がいることがあるので、干潟が出ていなくても探してみる価値はあります。

 

干潟の北側には野鳥観察窓がいくつか設置されているので、干潮時を狙って覗いてみるといいでしょう。

野鳥観察窓

ベンチもあるため、満ちてくる潮に追いやられて近くまでやって来るシギチドリを待つのもおすすめです。

谷津干潟自然観察センター

谷津干潟 (2)

自然観察センター

谷津干潟には東京湾側に谷津干潟自然観察センターがあるので、探鳥を始める前に立ち寄ってみましょう。

自然観察センターでは入館料がかかりますが、その日の野鳥観察情報や、フィールドスコープが常設されており干潟を一望できるので必ず立ち寄ってみることをおすすめします。

 

観察センターの前は視界が開けており、干潮の際はもちろん、満潮の際も干潟を追いやられたシギチドリが休みにやって来ることがあるので一日中バードウォッチングを楽しむことができます。

谷津干潟 観察センターからの眺め

自然観察センターからの眺め

 

冷房や暖房も効いているため、天気に左右されずに快適に野鳥を観察できるのもポイントです。

キアシシギ 谷津干潟

キアシシギ

 

自然観察センターの脇には淡水池があり、こちらは観察センターに入館しなくても観察壁から見られます。

谷津干潟 (7)

淡水池観察壁

 

淡水池では冬に多くのカモ類が見られるので冬に来たときは必ずチェックしましょう。

渡りの時期にはシマアジのような珍しい野鳥も見られることがあります。

シマアジ

 

また杭などにはカワセミが止まっていることもあります。観察窓にフィールドスコープなどは常設されていないので、双眼鏡を持っていきましょう。

カワセミ

東淡水池は自然観察センターの中からも見ることができ、そちらはフィールドスコープが常設されているので、観察器具を何も持っていない場合はセンター内から野鳥を探すといいでしょう。

 

カワセミやカモ類などの他にもシギチドリがここまで入ってくることもあるので満潮時には要チェックです。

セイタカシギ 谷津干潟

淡水池のセイタカシギ

管理人が確認した野鳥

アオサギ
イソシギ
ウミネコ
オオジュリン
オオソリハシシギ
オオバン
オカヨシガモ
オナガ
オナガガモ
カイツブリ
カルガモ
カワウ
カワセミ
キアシシギ
キョウジョシギ
キジバト
コガモ
コサギ
シジュウカラ
シマアジ
シロハラ
スズメ
セイタカシギ
ソリハシシギ
ダイサギ
ダイゼン
チュウシャクシギ
ツグミ
トウネン
ハクセキレイ
ハシビロガモ
ハマシギ
バン
ヒドリガモ
ホシハジロ
ムクドリ
メダイチドリ

おすすめの時期

春、晩夏

周辺の探鳥地

ふなばし三番瀬海浜公園

谷津干潟のブログ記事

2017年9月12日

2017年9月26日

2017年5月9日

2017年4月5日

2016年8月5日

周辺の宿泊施設

楽天トラベルで谷津干潟周辺のホテルを探す

じゃらんnetで谷津干潟周辺のホテルを探す

エクスペディアで谷津干潟周辺のホテルを探す

所在地・アクセス

住所:千葉県習志野市 秋津5丁目1−1

最寄駅:自然観察センターまで京葉線「南船橋駅」「新習志野駅」から各徒歩約20分

京成線「京成谷津駅」から徒歩約30分

最寄の高速出口:東関東自動車道「谷津船橋IC」より約1分

駐車場:あり

トイレ:あり

全国の探鳥地

全国の探鳥地

PAGETOP
Copyright © 野鳥情報.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.