コアジサシ

コアジサシは主に夏鳥として海岸や河川、湖沼などで見られます。

海岸沿いや河川沿いの砂地にコロニーを作るため、それらの場所では多くのコアジサシを見ることができます。

海岸沿いでは干潟が出るような浅瀬でエサを求めてダイブする姿がよく観察されます。

コアジサシは獲物を狙うときにホバリングをすることがあります。ホバリングをする際は飛んでいるコアジサシを観察・撮影するチャンスです。

干潟が出ていると降りてきて休むことがるので干潮と満潮の間の時間帯に探してみるといいでしょう。堤防の上などで待っていれば、目線の高さに飛んできてくれることがよくあります。

潮だまりに採餌や水浴びにやって来ることもあるので、広めの潮だまりの近くで待ってみるのもおすすめです。

コアジサシの巣は砂地にうまくカモフラージュされているので、コアジサシの繁殖地で観察する際は誤って巣を踏んでしまわないように十分注意しましょう。特に海岸沿いでは海水浴場内に巣があることもあるので要注意です。

コアジサシは巣がカラスに狙われやすく子育てに失敗することが多く数が減ってきているため、各地で保護活動が行われています。そのため、各地でコアジサシの観察会が行われているのでそれらに参加してみるのもいいでしょう。

 

スポンサーリンク

葛西臨海公園【東京都】

東京都江戸川区にある葛西臨海公園では初夏になると西なぎさにコアジサシの保護区を設置して、コアジサシの保護に取り組んでいます。

保護区はカラーコーンやロープで囲われ、デコイが置かれていたりするので、決して立ち入らないようにしましょう。

デコイが置かれている保護区

 

西なぎさでは干潮時に多くの潮だまりが出現するため、コアジサシの観察は干潮時がおすすめです。

コアジサシは西なぎさの海岸沿いの他にも公園と東なぎさの間の水路など園内各所の水辺で見られます。西なぎさで見られない場合は、公園の海沿いをぐるっと回ってみるといいでしょう。鳥類園内の上の池などにもやって来ることがあるので、鳥類園内にいるときも上空は要チェックです。

多摩川河口付近【神奈川県】

多摩川河口付近では春から夏にかけて多くのコアジサシがやって来ます。

神奈川県側は河口まで行け、土手の上から広範囲を見渡せるのでコアジサシの観察に向いています。多摩川の河口には干潮時に広大な干潟が出現し、コアジサシが好む潮だまりも多く現れるので、コアジサシの観察は干潮時がいいでしょう。

少し上流にある多摩川六郷橋緑地もコアジサシの観察におすすめの場所です。こちらは京浜急行線の六郷土手駅を降りてすぐの場所にあるのであまり歩きたくない人におすすめです。

また、河口から少し離れ場所にある森ヶ崎水再生センターではコアジサシの保護活動を行っており、普段は立ち入ることができませんが観察会を開催しているため、観察会に参加して営巣中のコアジサシを見てみるのもおすすめです。

 

ふなばし三番瀬海浜公園【千葉県】

千葉県船橋市にあるふなばし三番瀬海浜公園では春から夏にかけてコアジサシがやって来ます。

晴れている日の昼間はちょうど海の方向が逆光になるため、朝か夕方に順光の方向から観察するといいでしょう。海岸の両端にある堤防から観察するのもおすすめです。干潟が出ている時間帯は狩りをするコアジサシは遠くなってしまいますが、運が良ければ干潟で休んでいることもあるので探してみるといいでしょう。

また、ふなばし三番瀬海浜公園は潮干狩りのメッカなので潮干狩りの期間中は多くの人で混雑するため、コアジサシの観察は潮干狩りの期間を避けた方が無難です。

九十九里浜【千葉県】

九十九里浜

千葉県東部に広がる九十九里浜には春になると多くのコアジサシがやって来ます。

コアジサシは九十九里浜の各所で観察できる可能性がありますが、九十九里浜は南北に約66キロもあるので、海の駅九十九里がある片貝海岸など拠点となる場所が近くにある所で探すのがいいでしょう。

九十九里浜は海水浴場がとても多いので、コアジサシの観察は海水浴場がオープンする前がおすすめです。

また、九十九里浜ではコアジサシの他にもアジサシを始めとした多くのアジサシ類が見られるので、コアジサシと併せて探してみるといいでしょう。

管理人がコアジサシを確認した場所一覧

葛西臨海公園【東京都】

多摩川六郷橋緑地【東京都】

多摩川河口付近【神奈川県】

ふなばし三番瀬海浜公園【千葉県】

九十九里浜【千葉県】

多々良沼【群馬県】

福島潟【新潟県】

米須海岸【沖縄県】

スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました