オオヨシキリ

オオヨシキリは主に夏鳥として日本にやってきます。名前に「ヨシ」と付く通りヨシ原でよく見られ、ヨシの上の方で大きな声でさえずります。

夏鳥の中では比較的渡来数が多い野鳥で、オオヨシキリの生息地となっているヨシ原では、初夏にオオヨシキリの大合唱が聞けることでしょう。田んぼの脇にあるような小さなヨシ原でも見られるため、ヨシがある場合は狭くてもとりあえず探してみるといいでしょう。

ヨシのてっぺんでさえずっていることが多いので、河川敷や湖沼の周囲など堤防の上からヨシ原の広範囲を見渡せるような場所で観察するのがおすすめです。

オオヨシキリの見られるヨシ原は日陰がない場合が多く、真夏にオオヨシキリを観察しに行くと熱中症になる可能性があるため、オオヨシキリを探しに行く場合は渡来直後の5月あたりがおすすめです。

また、同じくヨシ原や草原で見られるコヨシキリとは見た目や生態がよく似ているので識別には注意が必要です。

関連記事:オオヨシキリとコヨシキリの違いと見分け方

スポンサーリンク

六郷橋緑地【東京都】

東京都大田区にある多摩川六郷橋緑地は、多摩川沿いにヨシ原が広がっており夏にオオヨシキリが数多くやってきます。

多摩川六郷橋緑地は京浜急行の六郷土手駅のすぐ近くにあるためアクセスがよく、気軽にオオヨシキリを観察できるためおすすめの場所です。

多摩川六郷橋緑地以外にも多摩川沿いはヨシ原が広がっている場所が多いので、探鳥地としても有名な多摩川河口付近なども合わせて探してみることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

手賀沼【千葉県】

千葉県北西部にある手賀沼は沼の周囲にヨシ原が広がっています。

手賀沼は周囲を遊歩道が通っており、一周することができるので、太陽の位置に合わせてヨシ原が順光になる場所でオオヨシキリを探すといいでしょう。

オオヨシキリは手賀沼のどこでも見られますが、北側にある手賀沼遊歩道が他の野鳥も多く見られるため特におすすめです。

また手賀沼はかなり広いため、手賀沼でオオヨシキリを探す際はレンタサイクルを利用すれば効率よくオオヨシキリを探すことができます。

 

スポンサーリンク

渡良瀬遊水地【栃木県他4県】

栃木県他4県にまたがる渡良瀬遊水地では春から夏にかけて多くのオオヨシキリがやって来ます。

渡良瀬遊水地にはオオヨシキリが好むヨシ原が広がっているため、オオヨシキリは遊水地内の各所で観察することができます。特に注意して探さなくとも遊水地内を歩いていればヨシ原の中でさえずるオオヨシキリを見ることができるでしょう。

また渡良瀬遊水地には見た目と生態が似ているコヨシキリも生息しているため、識別には注意が必要です。

 

スポンサーリンク

多々良沼【群馬県】

群馬県館林市にある多々良沼は、手賀沼と同じく沼の周囲にヨシ原が広がっており、多くオオヨシキリがやってきます。

沼の周囲には遊歩道が整備されているため時間があれば沼の一周回ってみるといいでしょう。

時間がない場合は沼の西側からガバ沼にかけてがヨシ原が広くおすすめです。

 

スポンサーリンク

福島潟【新潟県】

新潟県新潟市にある福島潟は湖の周囲に広大なヨシ原があり、オオヨシキリを観察することができます。

オオヨシキリはヨシ原のいたるところで見られますが、福島潟には姿かたちのよく似たコヨシキリもやって来るので見間違えないように注意しましょう。

また福島潟にはオオヨシキリへの托卵を狙うカッコウも多く見られるので合わせて探してみるのをおすすめします。

新潟県内では鳥屋野潟佐潟瓢湖などもオオヨシキリが多いのでおすすめです。

 

スポンサーリンク

管理人がオオヨシキリを確認した場所一覧

多摩川六郷橋緑地【東京都】

多摩川河口付近【神奈川県】

手賀沼【千葉県】

北総花の丘公園【千葉県】

潮来IC付近【茨城県】

浮島ヶ原【静岡県】

多々良沼【群馬県】

境御嶽山自然の森公園【群馬県】

乗附緑地【群馬県】

女神湖【長野県】

鳥屋野潟【新潟県】

福島潟【新潟県】

佐潟【新潟県】

瓢湖【新潟県】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました