以前のブログで東京都内でカワセミが観察・撮影できる場所を紹介した記事を書きましたが、記事が二つに分かれていて情報が少なかったりしたので、加筆・修正してまとめ直しました。

関連記事:千葉県内でカワセミを観察・撮影できる場所まとめ

カワセミ しながわ区民公園カワセミ 池上本門寺公園

 

スポンサーリンク

 

新宿御苑

中の池

中の池

新宿御苑では園内にある複数の池でカワセミを観察することができます。

どの池も周りをぐるっと歩道が通っているので、カワセミを見つけた際は順光の位置に移動すると、よく観察することができます。

観察する場所は中の池と下の池の間を通る歩道が道幅も広く、二つの池を同時に探すことができるのでおすすめです。

駅からも近く駐車場もあり、アクセスは抜群ですが、200円の入場料がかかります。

 

明治神宮

明治神宮 北池

北池

明治神宮では宝物殿の近くにある北池と、御苑内にある南池でカワセミを観察することができます。

南池は御苑内にあり、入園料として500円がかかるので、カワセミを探す際は北池から先に行きましょう。

注意事項として、明治神宮では三脚の使用が禁止されています。観察・撮影の際にフィールドスコープや、三脚や一脚を必要とする大砲レンズなどは使用できません。その点を踏まえて、観察・撮影を楽しみましょう。

カワセミがよく出現する北池には真ん中に橋が架かっているため、その橋の上からカワセミを探しましょう。

人があまり通らない午前中などは橋のすぐ下にいることもあります。

カワセミ 明治神宮

橋の真下の石に止まるカワセミ

 

一方で南池の方は北池に比べて観光客の方も多く通路も狭いため、観察や撮影の際には邪魔にならないように注意が必要です。

南池のカワセミ

南池のカワセミ

菖蒲園側から見ると木々が邪魔にならずおすすめです。

 

皇居

皇居 二重橋濠

二重橋濠

皇居では周りを囲むお濠にカワセミが生息しています。

二重橋の近くは観光客の方が多いので、少し場所をずらしてカワセミを探しましょう。

桔梗門あたりが人も少なく、お濠が見やすいためおすすめです。

皇居のカワセミは石垣の隙間に止まっていることがあり、その際は双眼鏡などでよく見ないと見つけられません。

 

小石川後楽園

徳大寺石

徳大寺石

小石川後楽園はカワセミの撮影スポットとして非常に人気があり、休日には多くのカメラマンが訪れる場所です。

園内の蓬莱島にある徳大寺石に止まるカワセミを撮ろうと、対岸の少し開けたスペースには何台ものカメラが並びます。

もちろん、カワセミが見られるのはここだけではなく、園内のいたるところで観察することができます。

蓬莱島の方に人が集中している場合は、西湖堤付近で探すのが、人も少なくおすすめです。

また、300円の入園料がかかります。

 

池上本門寺

カワセミ 池上本門寺公園

弁天池のカワセミ

池上本門寺では弁天池でカワセミを観察することができます。

本門寺は住宅街の中にあり人通りも多いためか、弁天池のカワセミは人なれしおり、かなり近くに止まってくれます。

ただし、背景が金網だったり止まるのがロープだったりするので、構図は背景を重視したカワセミの写真を撮りたい場合はあまりおすすめできません。

 

不忍池

不忍池 芦原

不忍池

都心のど真ん中にあり、人も非常に多く一見してカワセミのいなさそうな不忍池ですが、ちゃんとカワセミは生息しています。

不忍池を一通り見渡してもカワセミを発見できない場合はアシ原の中に隠れていることが非常に高いです。

アシ原の中に隠れられると見つけるのは大変ですが、カワセミの綺麗な青色はアシの隙間からでもよく目立つので、根気よく探してみましょう。

 

砧公園

砧公園

谷戸川

砧公園で野鳥観察というと園内にあるバードサンクチュアリが有名ですが、カワセミを観察する場合は園内を流れる谷戸川がおすすめです。

谷戸川にはいくつか橋が架かっており、その橋の上から観察するのがおすすめですが、どの橋も幅があまり広くないため、観察や撮影をする際は通行人の邪魔にならないようにしましょう。

 

葛西臨海公園

葛西臨海公園 下の池

下の池

葛西臨海公園には園内に鳥類園があり、その中にある上の池、下の池でカワセミを観察することができます。

上の池・下の池ともに観察小屋や観察窓が複数あり、カワセミを近くで観察したり撮影したりするのに最適です。

その際はカワセミが近くにいるかもしれないので、もしいても驚かさないように静かに窓を覗いて確認ましょう。

 しながわ区民公園

しながわ区民公園

しながわ区民公園には「勝島の海」という人工池があり、そこにカワセミが生息しています。

勝島の海は横長の池になっており、対岸にカワセミが止まったとしても十分に観察できる距離になっています。

視界を遮るものがあまりないため、手軽にカワセミを観察できるおすすめの場所です。

 

葛西臨海公園

葛西臨海公園では鳥類園内にある上の池や下の池でカワセミがよく観察されます。

上の池には観察窓の目の前にカワセミの止まり木があり、特にカワセミの観察に適した場所になっています。

また、鳥類園に内にはウォッチングセンターがあり土日にはスタッフの方がいるので、カワセミの出現情報やおすすめの観察場所を聞いてみたりするのもおすすめです。

 

情報提供していただいたカワセミの観察場所

以下は当サイトを利用していただいている皆様から提供していただいたカワセミの観察場所になります。

白子川【練馬区】 大泉IC横でカワセミが観察できるそうです。

石神井川【板橋区】 石神井川の板橋区付近では毎日のようにカワセミが観察できるそうです。

 

カワセミの最新観察情報

カワセミの最新観察情報を以下の記事で随時発信しています。

カワセミの最新観察情報

 

スポンサーリンク