ミソサザイの生息地と探す際のポイント

ミソサザイの生息地と探す際のポイント

ミソサザイはキクイタダキと並んで日本で最も小さい野鳥です。

主に留鳥や漂鳥として山林の沢沿いなど水辺の近くに生息しており、冬には都市部の公園で見られることもあります。

水辺を好むため、山地の遊歩道が整備された渓谷などを探すのがおすすめです。

ミソサザイは小さいうえに茶色で保護色になりやすく、すばしっこいので観察するのは大変ですが、さえずるときは枝先や開けた岩場の上など、見やすい位置にいることが多いので、ミソサザイを探す際はさえずりを頼りに枝先などを探してみるのがおすすめです。

渓谷沿いの岩場や、枝の隙間などに巣を作るので渓谷沿いでは春に巣材になる苔をせっせと運ぶ姿を見ることができるでしょう。

スポンサーリンク

東高根森林公園【神奈川県】

東高根森林公園 ミソサザイ

神奈川県川崎市にある東高根森林公園には冬に園内を流れる小川沿いにミソサザイがやってきます。

自然観察広場や湿生植物園辺りから古代芝生広場側を探してみましょう。

藪の中を動き回っていることが多いですが、木道の上で待っていれば開けた場所に止まってくれるでしょう。

ただし、木道は幅が狭い場所も多いで観察する際は他の公園利用者の方の邪魔にならないように注意しましょう。

 

スポンサーリンク

栃木県民の森【栃木県】

栃木県民の森 ミソサザイ

栃木県矢板市にある栃木県民の森では管理事務所駐車場のすぐ脇を流れる宮川渓谷でミソサザイを見ることができます。宮川渓谷は渓谷沿いに遊歩道が整備されており、ミソサザイを探すにはうってつけです。

渓谷沿いにはミソサザイと共にカワガラスも生息しているので合わせて探してみるのもおすすめです。県民の森周辺にはツキノワグマも生息しているので念のためにクマ除けの鈴などを携帯しておくといいでしょう。

また県民の森近くの尚仁沢湧水も県民の森と同じく渓谷沿いに遊歩道が整備されており、ミソサザイを観察するのにおすすめの場所です。

関連記事:栃木県民の森で見られる野鳥と観察ポイント

スポンサーリンク

井戸湿原【栃木県】

井戸湿原 ミソサザイ

栃木県鹿沼市にある井戸湿原では湿原周囲の五段の滝などの水場の近くにミソサザイが生息しています。まずは湿原を一周できる遊歩道を歩きながらミソサザイのさえずりを頼りに探すといいでしょう。

ミソサザイの観察におすすめのポイントは五段の滝周辺に岩場で、岩の上でさえずってくれれば視界を遮るものはほとんどなく、じっくりと観察することができます。周辺の岩場はコマドリの観察ポイントとしても有名な場所なので併せて探してみるといいでしょう。

五段の滝周辺は春先はまだ葉が茂っておらず、比較的明るいのでミソサザイの観察におすすめの時期です。

もちろん、五段の滝周辺以外にもミソサザイが観察できるポイントはいくつもあるので、さえずりを頼りに井戸湿原とその周囲の遊歩道で探してみるといいでしょう。

だだし、一番近い前日光ハイランドロッジの駐車場からも20分ほど歩かなけらばならず、足場の悪い場所も多いので足腰に自信のない場合は注意しましょう。

 

スポンサーリンク

柳沢峠【山梨県】

柳沢峠 ミソサザイ

山梨県にある柳沢峠では笠取林道沿いにある複数の沢でミソサザイを観察することができます。柳沢峠ではミソサザイの個体数が多いでかなり高い確率でミソサザイを見ることができます。

ミソサザイは林道の沢沿いならどこでも見られる可能性がありますが、コマドリコルリが見られる初夏は林道の入り口から3つ目のカーブあたりまではカメラマンが沢山いてミソサザイの観察には不向きなので、時期をずらすか林道の上の方の沢でミソサザイを探すといいでしょう。

関連記事:柳沢峠で見られる野鳥と観察ポイント

スポンサーリンク

嵯峨塩深沢林道【山梨県】

嵯峨塩深沢林道 ミソサザイ

山梨県の嵯峨塩深沢林道では、柳沢峠と同じく林道沿いの沢でミソサザイを見ることができます。林道には沢が複数あるので、入り口から一つずつ沢沿いを探していきましょう。

嵯峨塩深沢林道は冬季に通行止めになるため、ミソサザイの観察は車の通行がなく安全な冬季に行うようにしましょう。

また、嵯峨塩深沢林道は多く冬鳥のメッカでもあるため、運が良ければオオマシコイスカヒレンジャクなども観察することができます。

関連記事:嵯峨塩深沢林道で見られる野鳥と観察ポイント

 

スポンサーリンク

吐竜の滝【山梨県】

吐竜の滝 ミソサザイ

山梨県北杜市にある吐竜の滝では、滝がある川俣渓谷にミソサザイが留鳥として生息しています。

渓谷沿いには遊歩道が整備されており、駐車場から吐竜の滝まで10分ほどで行けるので、駐車場から滝の間を往復しながら探すといいでしょう。小海線の鉄道橋周辺が開けており、ミソサザイを探しやすいポイントになっています。

吐竜の滝は観光地としても人気の場所なので、滝周辺や遊歩道に人が多い場合は、吐竜の滝よりも上流方向に足を延ばしてみるといいでしょう。ただし、滝より上流は岩場を歩いたりと足場がかなり悪くなるので足元には十分注意しましょう。

 

スポンサーリンク

軽井沢野鳥の森【長野県】

軽井沢野鳥の森 ミソサザイ

長野県軽井沢町にある軽井沢野鳥の森にはミソサザイが留鳥として生息しています。

ミソサザイは湯川沿いや、ミソサザイの沢など水辺の近くでよく見られます。

「ミソサザイ」と名の付く通りミソサザイの沢はミソサザイを近くで観察することができるおすすめのポイントです。湯川沿いの野鳥の森の入り口からミソサザイ休憩場までを往復しながら探すといいでしょう。ミソサザイの沢ではさえずらずに水際を飛び回っていることも多いので、声が聞こえなくても注意して探しましょう。

湯川沿いの小瀬林道もミソサザイが観察できるポイントになっており、斜面林にミソサザイがいれば見下ろす形でミソサザイを観察することができます。

人の少ない時には村民食堂の方の湯川沿いでも見られることがあるので野鳥の森に入る前にチェックしてみるといいでしょう。

関連記事:軽井沢野鳥の森で見られる野鳥と観察ポイント

 

スポンサーリンク

戸隠森林植物園【長野県】

戸隠森林植物園 ミソサザイ

長野県長野市にある戸隠森林植物園では園内の林にミソサザイが留鳥として生息しています。

園内には複数の遊歩道が整備されており、一部はバリアフリー化もされてているので、それらの遊歩道を回りながらミソサザイを探すといいでしょう。小川の小径など、水辺の近くを歩ける遊歩道で探すのがおすすめです。

人がいない場所なら木道の近くに来たり、木道のロープなどに止まっていることもあるので、水場の近く以外でも人の少ない場所は積極的に探してみるといいでしょう。

戸隠森林植物園はキビタキやノジコ、コルリなどの夏鳥と、秋の渡りの時期に見られるムギマキやマミチャジナイで有名な探鳥地です。そのため、留鳥のミソサザイを観察しに行くのは初夏か秋がおすすめの季節になります。

 

スポンサーリンク

管理人がミソサザイを確認した場所一覧

東高根森林公園【神奈川県】

栃木県民の森【栃木県】

尚仁沢湧水【栃木県】

戦場ヶ原【栃木県】

井戸湿原【栃木県】

伊香保森林公園【群馬県】

嵯峨塩深沢林道【山梨県】

柳沢峠【山梨県】

富士山精進口登山道【山梨県】

西臼塚【静岡県】

高鉢【静岡県】

富士山富士宮口五合目【静岡県】

富士山御殿場口新五合目【静岡県】

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました