様々な野鳥情報を随時更新しています。

イソヒヨドリ

イソヒヨドリのおすすめ探鳥地

イソヒヨドリを探す際のポイント

イソヒヨドリは主に留鳥として日本に生息しています。イソと名の付く通り、海岸沿いでよく見られますが、時には海から離れた市街地でも観察されます。

海岸沿いの岩場や堤防の上、港のテトラポッドなどエサとなるフナ虫が多い場所を重点的に探すといいでしょう。人の多い海水浴場や海岸沿いの公園などでは人馴れ個体も多いので近くで観察することができるでしょう。

美しいさえずりはかなり大きいので、さえずってさえくれればイソヒヨドリを見つけるのはかなり簡単です。

スポンサーリンク

 

城ヶ島【神奈川県】

神奈川県の三浦半島の先端にある城ヶ島にはイソヒヨドリが留鳥として生息しています。

イソヒヨドリは島内のいたるところで観察できますが、南側の岩場がイソヒヨドリの餌となるフナ虫も多くおおすすめです。

足場の悪い岩場を長く歩くのが辛い場合は、城ヶ島公園やウミウやヒメウの越冬地がある東側を中心に探すといいでしょう。

 

大磯照ヶ崎海岸【神奈川県】

神奈川県大磯町にある照ヶ崎海岸にはイソヒヨドリが留鳥として生息しています。

照ヶ崎海岸はアオバトの飛来地として全国的にも有名な場所なので、イソヒヨドリを探す際はアオバトがやってくる春から秋がおすすめです。

照ヶ崎海岸はアオバトの観察スペースが整備されているので、そこからイソヒヨドリを探すといいでしょう。

 

沖縄本島【沖縄県】

沖縄本島には留鳥として多くのイソヒヨドリが生息しています。

海沿いから市街地まで広い範囲で見られ、観察頻度がかなり高い野鳥です。特に意識して探さなくとも普通に見られるほど数多くのイソヒヨドリが生息しています。

漫湖三角池などの野鳥が多く見られる探鳥地で他の野鳥と併せて探すといいでしょう。

 

宮古島【沖縄県】

沖縄県の南西に位置する宮古島には多くのイソヒヨドリが留鳥として生息しています。

海岸沿いはもちろんのこと、市街地でも普通に見られ、島を代表する鳥といっていいほどの数が生息しています。

宮古島ではイソヒヨドリを目的として探さなくとも、いやでも視界に入ってくるので他の野鳥を探しつつイソヒヨドリを観察するのがいいでしょう。その際は宮古島の中でも特に多くの野鳥が観察できる大野山林などで探すのがおすすめです。

管理人がイソヒヨドリを確認した場所一覧

つばさ公園【東京都】

多摩川六郷橋緑地【東京都】

大井ふ頭中央海浜公園【東京都】

城ヶ島【神奈川県】

真鶴半島自然公園【神奈川県】

大磯照ヶ崎海岸【神奈川県】

九十九里浜一宮海岸【千葉県】

幕張海浜公園【千葉県】

平磯海岸【茨城県】

波崎【茨城県】

浮島ヶ原【静岡県】

牛伏山公園【静岡県】

金武の田イモ畑【沖縄県】

豊崎干潟【沖縄県】

具志干潟【沖縄県】

漫湖【沖縄県】

喜如嘉水田【沖縄県】

大野山林【沖縄県】

与那覇湾【沖縄県】

東平安名崎【沖縄県】

来間島【沖縄県】

池間島【沖縄県】

平成の森公園【沖縄県】

PAGETOP
Copyright © 野鳥情報.com All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.