キビタキ

キビタキ

キビタキは主に夏鳥として山地の林に生息しています。「ビタキ」と名の付く通り綺麗な黄色い姿はとても美しく夏鳥の中でも人気の高い野鳥です。人気の夏鳥の中でも渡来数が多く生息域も広いので比較的観察しやすい野鳥です。

キビタキを探す際は遊歩道が整備された山地の林や公園がおすすめです。特に川沿いなど水場が多い場所はキビタキが水浴びにやって来る可能性も高く林の中よりも見つけやすくなります。

オスはきれいな声でさえずるので鳴き声を頼りに探すのもいいでしょう。

キビタキの生息地では5月の連休の頃にオス同士が縄張り争いをしている姿が見られます。縄張り争いをしている際は、人に対する警戒心が弱くなるので、時にはすぐ近くまでやって来ることがあります。その際は大きな羽音を立てながら飛ぶので近くを飛んでいれば羽音で気がつくはずです。

また、キビタキは春と秋の渡りの時期に都市部の公園などでもよく観察されます。観察できる期間は短い場合がほとんどですが、過去に渡りの時期にキビタキの観察例が何度もある場所はキビタキの渡りのルートになっている可能性が非常に高いので要チェックです。

もちろん、過去にキビタキの観察例がない場所でも、ある程度の林や水浴びができるような水場がある公園はキビタキが立ち寄る可能性が高いのでチェックしてみましょう。

関連記事:東京都23区内でオオルリ・キビタキが観察できる可能性のある場所

 

スポンサーリンク

高尾山【東京都】

高尾山

東京都八王子市にある高尾山は都内でも有数のキビタキの生息地で春から夏にかけて多くのキビタキがやって来ます。

高尾山は標高599mとキビタキの生息地としては比較的低い山で登山道も綺麗に整備されているため登りやすい山です。

キビタキを探す場合は、一番上りやすい1号路を登って、2号路経由で6号路を下りてくるのがおすすめです。下りは少し急で足場が悪い場所もあるため、足腰に自信のない方は1号路を下りながらキビタキを探すといいでしょう。

山を登るのがキツイ場合はケーブルカーやリフトで一気に登ってしまい、タコ杉や浄心門付近から斜面の木々の上の方を探してみましょう。斜面林は木々の高いところが目線に来るので高い場所でさえずるキビタキも見つけやすくなります。

スポンサーリンク

明治神宮【東京都】

明治神宮

東京都渋谷区にある明治神宮には主に春や秋の渡りの時期にキビタキが旅鳥としてやってきます。

キビタキを探す際は入場料がかかりますが水場などキビタキが好む環境がそろう明治神宮御苑がいいでしょう。菖蒲田周囲の林縁がキビタキを探しやすく見つけられれば観察もしやすいのでおすすめのポイントです。

もちろん、御苑以外でもキビタキは観察できる可能性があります。キビタキのエサとなる木の実が生っている場所などを中心に探すといいでしょう。

渡りの時期にはキビタキ以外に多くの野鳥が見られる可能性があるので、併せて探してみるといいでしょう。

関連記事:明治神宮で見られる野鳥と観察ポイント

 

スポンサーリンク

栃木県民の森【栃木県】

栃木県民の森

栃木県民の森は夏に多くにキビタキがやってきます。

県民の森の管理事務所には、解説員の方がいるのでキビタキを探しに行く前に野鳥情報を聞いておくのもおすすめです。

管理事務所から宮川渓谷を下るとある郷土の森付近は少し開けており、渓谷に降りてくるキビタキを間近に観察できるほか、オオルリやセンダイムシクイ、クロツグミなどほかの夏鳥もよく見られるおすすめの場所になっています。

関連記事:栃木県民の森で見られる野鳥と観察ポイント

スポンサーリンク

八方ヶ原【栃木県】

八方ヶ原

栃木県矢板市にある八方ヶ原にはキビタキが夏鳥として生息しています。

キビタキを探す際は小間々駐車場から大間々駐車場までの大間々自然歩道がおすすすめです。特に小間々駐車場周辺はアップダウンも少なく、明るい場所も多くなっています。また、大間々自然歩道ではコマドリやコルリなどの人気の夏鳥も生息しているので併せて探してみるといいでしょう。

近くには「山の駅たかはら」もあるのでここを拠点にバードウォッチングを楽しむといいでしょう。

八方ヶ原はレンゲツツジの群生地としても非常に有名な場所で、レンゲツツジの開花時期には多くの観光客で賑わいます。そのため、キビタキの観察はレンゲツツジの開花前か開花後にするといいでしょう。

関連記事:八方ヶ原で見られる野鳥と観察ポイント

スポンサーリンク

大沼公園【栃木県】

栃木県那須塩原市にある大沼公園でがキビタキが夏鳥として生息しています。

大沼は周囲を木道が通っており、歩いて一周することが来ますが、キビタキを探す際は駐車場付近か、駐車場の反対側にある塩原自然研究路がおすすめです。駐車場周辺は比較的明るい場所が多く、キビタキを探しやすいでしょう。体力に自信がある方は大沼公園の駐車場から富士山の山頂まで行ってみるのおすすめです。

大沼公園はキビタキの他にもオオルリやクロツグミ、センダイムシクイなどの多くの夏鳥が生息しているので併せて探してみるといいでしょう。

 

スポンサーリンク

戦場ヶ原【栃木県】

栃木県日光市にある戦場ヶ原には主に春から夏にかけて湿原周囲の林にキビタキが生息しています。

キビタキの観察は渡来直後の五月の上旬がおすすめです。標高の高い戦場ヶ原では葉が生い茂るのが遅く、5月の上旬だとまだまだ林が明るいのでキビタキを見つけやすくなります。

湯川沿いの自然研究路の木道や赤沼駐車場から赤沼分岐までは、キビタキが水浴びできるポイントが多いので、水際を中心に探すといいでしょう。

戦場ヶ原は探鳥地としてだけではなく、観光地としても非常に有名なポイントなので、休日の昼間は観光客の方が多く、探鳥には向かないので、戦場ヶ原でキビタキを探す際は平日の午前中など人が少ない時間帯がおすすめです。

関連記事:戦場ヶ原で見られる野鳥と観察ポイント

 

スポンサーリンク

小根山森林公園【群馬県】

小根山森林公園

小根山森林公園には夏になるとキビタキがやってきます。

園内のどこでも観察できる可能性はありますが、おすすめは園内を流れる小川周辺です。

小川の脇には遊歩道が通っており、視界が開けた場所も多いため、キビタキを見つけやすく、キビタキが水浴びにやってくる可能性もあるのでおすすめの場所です。

ただし、キビタキが観察できる時期は園内にクマが出没する可能性があるので、クマよけの鈴などを携帯して注意しながら探鳥しましょう。

関連記事:小根山森林公園で見られる野鳥と観察ポイント

スポンサーリンク

柳沢峠【山梨県】

柳沢峠 ブナのみち

山梨県の青梅街道の最高地点にある柳沢峠には夏鳥としてキビタキが生息しています。

柳沢峠は夏鳥のコマドリとキビタキが観察できる探鳥地として非常に有名な場所で、休日には多くの人で賑わいます。そのため、キビタキを探す際は笠取林道の上の方か、東京都の水源林「ブナのみち」がおすすめです。

特にブナのみちの方は笠取林道に比べて人が少ないのでキビタキの観察に適しています。沢沿いを歩けるコースもあり、沢沿いは明るいのでキビタキが見つけやすくおすすめです。

関連記事:柳沢峠で見られる野鳥と観察ポイント

 

スポンサーリンク

富士山吉田口登山道【山梨県】

富士山の山梨県側にある吉田口登山道では登山道周囲の林にキビタキが夏鳥として生息しています。

吉田口登山道は徒歩で1合目から山頂まで行くことができますが、キビタキを探す際は中ノ茶屋を拠点にして、中ノ茶屋から大石茶屋跡までのルートがおすすめです。

キビタキは登山道の各所で見ることができますが、中野茶屋周辺ではノジコやコサメビタキ、大石茶屋跡付近ではコルリと標高によってキビタキ以外に見られる野鳥が違うので、中野茶屋から大石茶屋跡を往復しながら探すのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

井富・飛沢溜池【山梨県】

飛沢溜池

山梨県大泉町にある井富・飛沢溜池の周りでは5月の連休あたりになると、縄張り争いをしている複数のキビタキを見ることができます。林の中を猛スピードで追いかけっこをしていることもあるので、その際は少し観察しづらいかもしれませんが、かなり近くまで飛んでくるのでじっと待ってみるのもおすすめです。

おすすめは飛沢溜池から道路を挟んで続く観察路で、キビタキの他にもクロツグミなどの夏鳥を観察することができます。

電車で行く際は甲斐大泉駅から近い井富溜池を中心に、車で行く際は飛沢溜池で観察してから井富溜池までゆっくりバードウォッチングをしながら登って行くのがいいでしょう。

関連記事:井富・飛沢溜池で見られる野鳥と観察ポイント

 

スポンサーリンク

吐竜の滝【山梨県】

吐竜の滝 キビタキ

山梨県北杜市にある吐竜の滝では滝周辺の林にキビタキが夏鳥として生息しています。

駐車場から吐竜の滝までは徒歩10分ほどなので、駐車場と滝を往復しながらキビタキを探すといいでしょう。吐竜の滝周辺は人が多いことが多く、滝の音でキビタキのさえずりも聞こえづらいので、滝の少し手前で折り返すのがおすすめです。

駐車場から少し進んだ遊歩道が二つに分かれている区間がキビタキを探しやくおすすめのポイントです。

また、駐車場周辺の斜面林も木の上の方を飛びまわるキビタキを目線の高さで観察することができるので、滝の方に人が多い場合は駐車場周辺の林道で探すのもいいでしょう。

吐竜の滝がある川俣川渓谷は清泉寮の方まで遊歩道が続いているので、体力に自信のある方は、吐竜の滝の先まで行ってみるのもいいでしょう。ただし、吐竜の滝より先は足場がかなり悪くなるので注意が必要です。

 

スポンサーリンク

西臼塚【静岡県】

富士山の静岡県側にある西臼塚では駐車場を挟んだ南北の遊歩道に夏鳥としてキビタキが生息しています。

北側は西臼塚を中心とした遊歩道になっており、西臼塚に登らずに周りを回るだけならそれほどアップダウンはないコースです。比較的明るい林も多く、キビタキを探すのならば、西臼塚の周りを一周しながら探すといいでしょう。また、西臼塚の周りではコルリも見られることがあるので併せて探してみるのがおすすめです。

南側の遊歩道は下りになっているので、あまり進みすぎると戻ってくるのが大変になるので注意しましょう。途中で林を抜けて低木地帯をさらに進むとまた林に入ります。その林は明るく、キビタキの観察に適しているので、そこまで進むといいでしょう。

関連記事:西臼塚で見られる野鳥と観察ポイント

 

スポンサーリンク

弥彦山【新潟県】

弥彦山

新潟県の長岡市と弥彦村にまたがる弥彦山には夏鳥としてキビタキが生息しています。

弥彦山の山麓には野鳥の森があり、登山をしなくてもキビタキを観察することができます。

野鳥の森の他にも、駐車場からロープウェイ乗り場までの道も明るく、キビタキを探すのに向いているおすすめのポイントです。

弥彦山はキビタキの他にもオオルリやクロツグミ、サンコウチョウなど人気の夏鳥が観察できる探鳥地としても有名なので、併せて探してみるといいでしょう。

関連記事:弥彦山で見られる野鳥と観察ポイント

 

スポンサーリンク

戸隠森林植物園【長野県】

戸隠森林植物園

長野県長野市にある戸隠森林植物園では園内の林に夏鳥としてキビタキが生息しています。

園内にはいくつもの遊歩道が通っており、キビタキは各所で観察できる可能性があります。遊歩道の一部はバリアフリー化されており、かなり歩きやすいのでバリアフリーのコースを中心に探すのもおすすめです。

場所によっては人が多い場所もあるので、園内の奥の方の人の少ない場所を中心に探すのもいいでしょう。

戸隠森林植物園は多くの夏鳥が見られる探鳥地としても非常に有名な場所なので、時間があればすべての遊歩道を回ってみることをおすすめします。

スポンサーリンク

中瀬沼探鳥路【福島県】

中瀬沼探鳥路 キビタキ

福島県裏磐梯の中瀬沼にある中瀬沼探勝路には夏鳥として多くのキビタキが生息しています。

中瀬沼探勝路は一部木道も整備されており、バードウォッチングに向いているコースです。キビタキは探勝路のいたることで見ることができるため、探勝路を周回しながら探してみるといいでしょう。

中瀬沼探勝路はキビタキの他にもオオルリやクロツグミ、ノジコにニュウナイスズメなど多くの夏鳥を観察できるので併せて探してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

管理人がキビタキを観察した探鳥地一覧

明治神宮【東京都】

高尾山【東京都】

弘法山公園【神奈川県】

21世紀の森と広場【千葉県】

八方ヶ原【栃木県】

袖ヶ浦公園【千葉県】

井戸湿原【栃木県】

栃木県民の森【栃木県】

小根山森林公園【群馬県】

伊香保森林公園【群馬県】

井富・飛沢溜池【山梨県】

富士山吉田口登山道【山梨県】

河口湖フィールドセンター【山梨県】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
野鳥情報.com
タイトルとURLをコピーしました